2009年04月23日

「日本医療福祉専門学校」救急救命学科について

珪山学園「日本医療福祉専門学校」の救急救命学科は名古屋市にある、とても優秀な救急救命士を養成するのはもちろん、公務員
としてふさわしい人材を養成することにも力を入れています。
そのために、言葉遣い、規律、そして容姿に至るまで、教育の一環として指導していきます。
また、チームワークが不可欠な消防への就職のために、人との絆を非常に大切にしています。

日本医療福祉専門学校では、救急救命士の国家試験対策と同じく、消防官となるために、専任教員による公務員試験対策も万全で、
2年に1回次の消防職員採用試験で、合格できるように指導をしていきます。
また、他の学科で専門分野を学習する機会もあるから、幅広い知識を勉強することできます。

日本医療福祉専門学校は、学生たちのスクールライフにも、とても力を入れている学校です。

たとえば、一人暮らしの学生を応援しており、アパートやマンション探しをサポートしています。
学校には、実績ある不動産会社のパンフレットを用意して、情報提供をしてくれるからとても安心です。
不動産情報は、オープンキャンパスでも、入手することもできます。

また、学生が体調の悪い場合やケガをしてしまった場合などは、校医による処置や、珪山グループの鵜飼病院で治療を受ける
ことができます。
鵜飼病院で、学生が診察を受ける時は、初診費用が全部免除されるという特典もあります。
学生を支える「心の相談室」では、臨床心理士のカウンセリングを受けることができます。

鵜飼病院などの珪山グループから、アルバイトの求人依頼がある場合は、掲示板により情報提供を行っているから、
アルバイト探しもとても安心してできます。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。